サッカー プレースタイル

岡崎慎司のプレースタイルについて。

投稿日:

okazaki

日本代表の柱になりつつある印象を受ける岡崎慎司。

今までの岡崎慎司の立場は、エースである本田圭佑、香川真司の影に隠れていたが、最近は彼こそが日本代表の柱と言える実力を披露し始めていると思う。

彼はサッカー選手として成長が止まる様子が見受けられない。数年前までは、誰を据えても殆ど変わらないという日本代表のフォワード陣だったが、岡崎慎司だけは頭一つ抜け出している。

今回は日本代表フォワードである、岡崎慎司のプレースタイルについて公開したい。

スポンサードリンク


テクニックはないが、泥臭くゴールを狙うストライカー

岡崎慎司はフォワードの選手としては、テクニックは凡庸である。シュート精度は高くはなく、シュートレンジも狭い。

個人の技量だけで、得点を獲得出来る選手ではない。周りのサポートを利用して、得点を固め取りする選手が岡崎慎司である。

セットプレーから得点を獲得するのは得意である。とにかく足ではなく頭からボールに突っ込むタイプなので、ゴール前の浮き球に対する得点感覚は特に優れている。

また、最終ラインの背後を狙い、得点を獲得するパターンも得意としている。抜群に脚が速い訳ではなく、1対1の場面に滅法強い訳でもないが、仕掛ける頻度を増やす事で得点に結びつける『質より量』で勝負するタイプである。

また、岡崎慎司の長所は得点を獲得するよりも、チーム全体に好影響を及ぼすプレースタイルである。

岡崎慎司はとにかく『手を抜く』という事を知らない。攻撃の場面で全力を出すのは当たり前だが、守備でも必要以上に力を出してしまう選手でもある。

いい意味では『献身性が高い選手』と言えるが、悪い意味では『不器用な選手』とも言えるだろう。

ドイツ移籍後、シュトゥットガルトに所属している時は、あまりにも守備に力を割いた結果、フォワードとしてではなく、攻守のバランスを取るサイドの選手として起用されていた。

元々、器用な選手ではないのにビルドアップ、得点、守備、全てにおいて完璧なプレーを追及した結果、岡崎慎司は中途半端なプレーを披露してしまい、徐々に出場機会を減らしていく。

当時、マインツを指揮していたトーマス・トゥヘルに見出されなければ、岡崎慎司はフォワードとして真の実力を発揮する事が出来ず、清水エスパルスに出戻っていたかもしれない。

マインツに移籍した岡崎慎司はトゥヘルの指導の下、フォワードとしての動き方を着実に身につけていく。

運動量が多い為に誤解されていたが、岡崎慎司は競り合いに弱い選手だった。また、自身の体力を見極めた上での試合におけるペース配分について、改善する様に指摘された。

競り合いの弱さを克服し、闇雲に最前線から走り回るプレースタイルも大きく改善され、攻守において的確に動くペース配分も岡崎慎司は身につけていく。

結果、マインツ移籍1年目で得点を量産する。マインツに所属後、フォワードとしての力の配分を覚えた岡崎慎司は選手として大きく成長したのである。

競り合いにも強くなり、岡崎慎司はそれまでは殆ど披露していなかったが、最前線でのターゲットマンとしての動きも見せる様になっていった。

ひたすら裏抜けを狙うだけではなく、最前線でボールキープを積極的に行い、チームの重心を高める為のタメを作る動きも今までのプレーに織り交ぜていく。

得点力もあり、攻守の切り替えにも貢献出来るフォワードとして、岡崎慎司はブンデスリーグを代表するストライカーに成長したのである。

未だに成長止まらない岡崎慎司。

岡崎慎司は今年で29歳を迎えたが、サッカー選手として成長が止まる様子は見受けられない。

試合を重ねるごとに、上手くなっている様な気がしている。ブンデスリーグ移籍前は足元の技術もパスも下手だったが、最近は驚異的に足元の技術が上がってきている。

浮き球に対するトラップの意識と技術の向上にも驚かされた。以前の岡崎慎司ならば、浮き球に対して簡単にヘディングで競り合いに行く場面でも、トラップを優先的に行う様にしているのである。

味方のクリアボールを出来るだけ収める様にして、攻守の切り替えに貢献している。岡崎慎司が最前線でボールを収めてくれるので、日本代表が一方的に自陣に押し込まれるという状態が改善された。

縦への速さを重視するハリルホジッチにとって、岡崎慎司はこれ以上ない最高のフォワードだと思う。

彼からのポストプレーから、日本代表は縦に速いカウンターを繰り出す事が出来ている。ある意味、岡崎慎司が最前線の司令塔として、日本代表の攻撃を牽引する様になってきているのである。

そういう意味で岡崎慎司は、日本代表には欠かせない人材になった。それどころか、現在の日本代表の要は、本田圭佑だけでもなく香川真司でもなく、岡崎慎司であるといってもおかしくはない。

外見と言動で損をしている雰囲気はあるが、岡崎慎司は日本歴代最高のストライカーになりつつある。

未だに成長が止まらない岡崎慎司には注目したい。以上、岡崎慎司のプレースタイルについて公開した。

-サッカー, プレースタイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レスター・シティ移籍の岡崎慎司はプレミアリーグで通用するのか?

サッカー日本代表のフォワードである岡崎慎司が、マインツからプレミアリーグのレスター・シティに移籍する事となった。 岡崎慎司にとって、念願のプレミアリーグ移籍は喜んでいるだろう。所属していたマインツにと …

トゥヘルが香川真司を復活させた?躍動する活躍の裏には?

ドルトムントがトーマス・トゥヘル体制になり、チームは破竹の勢いを続けている。 同じく好調のバイエルン・ミュンヘンとの直接対決は惨敗してしまったが、今期のドルトムントの勢いは本物だろう。 チームに勢いを …

イニエスタのドリブルを止めるには?そのプレースタイルから考察。

無謀なタイトルである。そして、展開する内容も荒唐無稽なので、ご了承頂きたい。 今回は趣向を変えて、根拠も何もなく、憶測で内容を進めさせて頂く。イニエスタの様なドリブラーを止めるのにはどう対応すればよい …

ネイマールはメッシを越える事は出来ない。

今季のバルセロナは絶好調である。リバプールで大活躍をしていたルイス・スアレスが加入する事になり、ネイマール、メッシ、スアレスというタレントが上手く共存出来るのか疑問視された程だ。 その背景には、ズラタ …

ハリルホジッチは、高い評価を得られるべき日本代表監督なのか?

6月11日に開催される国際親善試合、イラン、シンガーポール戦に向けて日本代表のメンバーが発表された。 ハリルホジッチが期待を寄せている宇佐美貴史、武藤嘉紀も招集され予想外の人選はなかった。少し残念だっ …