サッカーNo.25!

サッカーに関すること。

2014 ワールドカップ サッカー

ブラジルの歴史的敗戦の理由はチアゴシウバ選手の欠場が全て!

投稿日:2014年7月9日 更新日:

チアゴ・シウバが最終ラインで他の選手を鼓舞していれば、勝てたかどうかは分かりませんが、ここまで大差を付けられた試合結果にはならなかったでしょう。

dabidoruisu

昨日、公開した記事でブラジルはドイツ戦でネイマールよりも、チアゴ・シウバの出場停止の方が痛い筈。と記載したんですけど、その通りになってしまったようですね…。

関連記事:ブラジルのネイマールってそんなに凄い選手なの?

結局、早起きは出来なくて、朝起きてスマホ試合結果を確認したら眠気が一気に吹き飛びました!7-1でブラジル敗戦って…。これは予想以上の試合結果でした。

これは観なくて正解だったのか?それとも、ブラジルの敗戦理由を分析する為に観るべきだったのか?判断に迷いますね。

一応、2chまとめやヤフコメなど確認して、ハイライト動画もチェックしました。まあ、完全とは言えませんが、大体、試合の全貌は掴めました。

試合内容を観ていないのに感想を記事にするのは、まさに妄想記事ですが、いいじゃないですか。公開してしまいます。さて、敗戦したブラジルに焦点を絞って感想を公開します。

スポンサードリンク


ラインコントロールが滅茶苦茶なブラジル代表…

49829fe2bd3102d691297e73fc861aaf_s

ハイライト動画を観て失笑してしまったのが、ブラジルの最終ラインコントロールが滅茶苦茶でした。特に酷いのがマルセロ選手でしたね。

彼以外、ペナルティラインよりも前で最終ラインを揃えているのに、マルセロ選手だけ遥か後方にいるんですよ。ドイツも流石です。

思いっきり、ダンチ選手とマルセロ選手の間を突いてきていました。このスペースにミュラー選手が何度も飛び込み、面白いように点を獲得していました。

また、ラインコントロール抜きに最終ラインが下がり過ぎていました。最終ラインが下がっているのに、フェルナンジーニョ、グスタボの両ボランチは2人揃って、前がかりにプレッシャーを掛けにいくものですから、バイタルエリアはスッカスカでした。

しかも、この両ボランチ…相手に飛び込むのはいいんですが、簡単にかわされてしまうのは痛いですよね…。本当はどちらかの選手がカバーリングを行わなければならないのに、飛び出し過ぎていました。

スペイン代表と同じ…ダンチとダビド・ルイスのDFコンビネーションが最悪…

セルヒオ・ラモスとピケ

まあ、ダンチ選手は今大会、初出場なので仕方がないかもしれません。ただ、ダビド・ルイスはチアゴ・シウバがいる時のように果敢に相手選手のマークにいくんですが、ダンチ選手のカバーリングが全然、出来ていませんでした。

試合勘なんですかね。ダンチ選手はダビド・ルイスが空けたスペースや他のエリアのカバーに回らねばならない役割だったと思うんですけど、どう動けばよいのか戸惑っていたように見えました。

失点を重ねる内に、ダビド・ルイスがそのミスマッチに気づいたようで、あまり相手選手のマークに飛び出さず、スペースを埋める動きに変わっていったのですけれども、これもマズかったようです。

ダンチ、ダビド・ルイス両選手がドイツの選手にチェックに行かないので、ペナルティ付近で簡単にシュートを打たれていました。

普段のダビド・ルイス選手なら、必ずチェックに行っていた場面も見逃す形で、ドイツの攻撃陣が簡単に前を向いてプレーしていました。(ハイライト動画を観る限りです)

何故?ウィリアンを起用しない?スコラーニ監督の不可解な采配!

この試合は本当にマルセロ選手の失笑レベルのディフェンスレベルが露呈された試合だったとも思えます。

彼の守備力のなさを何とか、チアゴ・シウバ選手の指示でカバーしていたと思いましたが、今日は酷過ぎましたね。ドイツの2点目か3点目だったでしょうか?

ドイツのスローインからミュラー選手のゴールだったと思うのですが、自陣低い位置でスローインがされた後、ブラジルの最終ラインは一気に上げるんですけど、彼だけが自陣低い位置で残っていました。

しかも、ドイツボールなのにマルセロ選手はラインを上げず、自陣低い位置で歩いていたんですよ。

結局、そこを突かれてミュラー選手のゴールを許していました…。プロサッカー選手とは思えないプレーでしたね。

そんな彼をケアする為に、同サイドは守備力があるウィリアン選手を起用すればよかったのに…。ベルナルジ選手もテクニックがあるいい選手だとは思うのですが、チーム力を底上げするという意味では、ウィリアン選手の方が良かったと思います。

ネイマールがいても、多分、結果は変わらない…チアゴ・シウバの欠場が全て!

ネイマールの欠場が痛かったという声も多く、コロンビアのスニガ選手の身の安全が心配とか聞かれますが、はっきり言って、ネイマールがいたとしても試合結果には大して影響なかったでしょう。

わたしが思うに、ブラジル敗戦はチアゴ・シウバ選手の欠場が全てで、3点取られた段階でブラジルの気持ちは切れてしまった為の惨敗だったと思います。

チアゴ・シウバが最終ラインで他の選手を鼓舞していれば、勝てたかどうかは分かりませんが、ここまで大差を付けられた試合結果にはならなかったでしょう。

それほど、彼の最終ラインからの他の選手に対するコーチングの影響は大きかった筈です。

彼はDFやボランチだけでなく、攻撃陣にまで怒鳴り声で指示を出しますからね。

しかし…ドイツは強いですね。正直、チアゴ・シウバ、ネイマールが出場していても勝てたかどうかは分かりません。しかも、ロイス、ゲッツェ、ドラクスラー選手が先発ではないのに、この試合結果…ど肝を抜かれました。

ただ、ブラジルも何度かいい場面を作っていたんですけど、やっぱり、ノイアー選手が立ちはだかりますねぇ…。本当にポジショニングがいいGKだと思います。

わたしはこの試合を見れませんでしたが、ハイライト動画を観る限り、優勝はドイツかなぁと思ってしまう試合結果でした。

しかし、ブラジル代表は過去を振り返っても、ここまでコテンパンにやられた事はないんじゃないですか?

母国開催のワールドカップでこの悲惨な結末…。何か尾を引きそうですね…。

-2014 ワールドカップ, サッカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Jリーグの守備レベルが低いと言われる理由について。

Jリーグが抱える問題点として、守備のレベルが低いと言われています。 正確に入れることができない縦パスやトラップの基本技術の低さもそうですが、それ以上に守備のレベルが低い事です。 今回はJリーグの守備の …

ネイマールのプレースタイルについて。

ブラジル代表の10番であり、バルセロナのMSNの1人である、ネイマールのプレースタイルについて公開したいと思います。 ネイマールという選手は、サッカー選手の実力というよりも容姿から見られるように、タレ …

バーゼルに移籍した柿谷曜一朗は何故?試合にも出られずにベンチ外なのか?

バーゼルで柿谷曜一朗が試合に出られない理由を考えてみます。 柿谷曜一朗はバーゼルで試合に出れないどころか、ベンチにも入れない時もあり、サッカー日本代表にも招集外です。色々と悪循環が重なっているのだと思 …

バーゼル移籍の柿谷曜一朗は多分、通用しないでしょう…

柿谷曜一朗は、移籍したバーゼルでレギュラーの座を掴むのは難しいと思います。 かなりネガティブなタイトルを付けてしまいましたが、スイスの名門チームに移籍が決まった柿谷曜一朗選手は、多分、バーゼルでは通用 …

ユルゲン・クロップの代名詞でもあるゲーゲンプレスとは、どんな戦術なのでしょうか?

『ボールを奪う場所を意図的に限定させてしまうのが、ゲーゲン・プレスという戦術です』 強かったですね。ユルゲン・クロップが率いていたボルシア・ドルトムント。 かつて、ブンデスリーグの2連覇を成し遂げたド …